記事内に広告を含む場合があります。

大曲の花火 春の章2024 見える場所は?スケジュールや見どころ,チケット情報も

生活の話題

秋田県の夏は、竿灯まつりと並ぶ大曲花火大会で賑わいますが、春の章も豪華で高品質な花火を楽しむことができに、毎年約80万人もの観客がこの花火大会を訪れます。

日本三大花火大会の中の一つとして広く知られている大曲の花火には、全国から集まる花火師たちが、その技術を競う全国花火競技会としての側面も持っています。

有料観覧席がありますが、無料で見ることができる場所や穴場スポットがたくさんあります。

本記事では、そんな大曲花火大会で無料で楽しめるスポットや穴場について紹介しています。

スポンサーリンク

 

大曲花火2024 見える場所

大曲ヒカリオ駐車場の屋上

大曲花火大会では、迫力は少ないものの、美しい花火が楽しめる穴場スポットとして大曲ヒカリオ屋上駐車場(正式名: おおまがりひかりおおくじょうちゅうしゃじょう)がおすすめです。この場所は、秋田県大仙市大曲通町1-46にあり、打ち上げ会場からは距離がありますが、屋上からの眺めが良く、花火を鑑賞するのに適しています。また、このスポットにはトイレも完備されています。

ただし、大曲ヒカリオ屋上駐車場は交通規制の対象エリア内に位置しているため、24時まで車の出入りができない点に注意が必要です。このため、早めに駐車場に入庫することが重要です。入庫後2時間は無料で、その後は1時間ごとに100円が加算されます。屋根がないため花火が見やすいことも、このスポットの魅力の一つです。

姫神公園

大曲花火大会の魅力的な穴場スポットとして、姫神公園(ひめがみこうえん)が挙げられます。この公園は、新観光秋田30選にも選ばれた海抜70メートルの高台に位置し、大仙市の壮大な景色を一望できる場所です。住所は秋田県大仙市花館松山1にあります。

姫神公園は花火大会の打ち上げ場所からは少し離れているため、迫力のある花火は期待できませんが、市内の美しい夜景と共に綺麗な花火を楽しむことができる穴場スポットです。高台にあるため、大仙市内のパノラマビューと共に花火を鑑賞できるのはこの場所ならではの特長です。

また、姫神公園は大平山への登山口にも位置しており、花火全体を見渡せることに加え、音楽も聞こえることがあります。駐車場も完備されており(料金3,000円)、設備面でも利便性が高いです。トイレの設備もあり、長時間の滞在にも適しています。

 

ファミリーマート大曲西根店駐車場

大曲花火大会2023での穴場スポットの一つは、ファミリーマート大曲西根店駐車場(ふぁみりーまーとおおまがりにしねてんちゅうしゃじょう)です。この駐車場は花火大会の会場から近く、迫力満点の美しい花火を間近で観ることが可能です。さらに、コンビニが併設されているため、食事や飲み物の購入が容易であり、トイレも利用できるため、長時間の滞在にも便利です。住所は秋田県大仙市大曲西根瀬下41番1になります。ただし、ここはファミリーマートの利用客専用の駐車場であるため、無理な駐車は避けるべきです。また、買い物客が多く訪れるため、人混みへの注意が必要です。

もう一つの穴場スポットは、仙北自動車学校付近の土手で、これは大曲バイパス周辺に位置します。住所は秋田県大仙市戸地谷大和田89になり、国道13号線のすぐそばにあります。こちらのスポットも花火大会の会場からのアクセスが良く、見晴らしの良い場所から花火を楽しむことができます。

 

興栄建設周辺のあぜ道

大曲花火大会でおすすめの穴場スポットの一つに、興栄建設周辺(こうえいけんせつしゅうへん)があります。ここは、花火大会のメイン会場の反対側に位置し、打ち上げ場所からは少し離れています。そのため、迫力は少ないものの、美しい花火を鑑賞することができます。このスポットはそれなりに知られており、多少の混雑が予想されます。住所は秋田県大仙市大曲西根西道地野502-2で、大曲の花火公園のほぼ裏側に位置しています。

もう一つの推薦スポットは、大仙市・大曲除雪ステーション周辺です。こちらは比較的新しい穴場として知られ、国道105号のすぐそばに位置しています。住所は秋田県大仙市大曲西根上野150番地2になります。この地域も、花火大会の際には良い視点から花火を楽しむことができるスポットの一つです。

 

大曲中学校周辺の農道

大曲花火大会の際、大曲中学校周辺(農道)は素晴らしい穴場スポットとしておすすめです。この中学校は花火打ち上げ会場から近く、周囲が畑で開けているため、建物に遮られることなく、花火を綺麗に見ることができます。住所は秋田県大仙市若竹町7-17で、大曲花火公園のほぼ北側に位置しています。このエリアは視界が開けており、花火大会の際には非常に良い視点を提供します。

 

大曲大橋下サッカー場

秋田県大仙市花館下竹花下川原にある大曲大橋下のサッカー場やその南側に位置するテニスコートは、大曲花火大会の新しい穴場スポットとしておすすめです。打ち上げ会場のほぼ北側に位置しているため、花火を間近で楽しむことが可能です。この地域は地元の住民にも人気があり、隠れた名所となっています。また、他の有名な観覧スポットに比べ人混みが少なく、ゆったりと花火を鑑賞することができる点が魅力です。この穴場は、地元の人々にも親しまれているため、地域の雰囲気を感じながら花火を楽しむことができます。

 

丸子川河川敷(八幡神社周辺)

大曲花火大会で注目すべき穴場スポットのひとつは、丸子川の河川敷、特に八幡神社周辺です。この場所は花火打ち上げ場所からは少し距離がありますが、その分、混雑を避けて美しい花火を鑑賞することができます。住所は秋田県大仙市大曲丸の内町4-6にあり、打ち上げ場所のほぼ正面に位置しているため、見晴らしの良い土手から花火を楽しむことが可能です。迫力は少ないかもしれませんが、綺麗な花火をゆったりと見ることができるのがこのスポットの魅力です。

 

仙北ファミリーボウル前河川敷

秋田県大仙市大曲丸の内町35-8に位置するこのスポットは、大曲花火大会でのおすすめ観覧地です。花火会場から約900メートルの距離にあり、視界を遮る障害物がないため、花火を存分に楽しむことができます。打ち上げ場所のほぼ正面に位置しており、花火の美しさを間近で感じることが可能です。

この場所の魅力は、近くにいるため花火の音や音楽もはっきりと楽しめる点です。ただし、これらの利点から、このスポットはかなり人気があり、隠れた観覧地となっているので、人混みに注意が必要です。

さらに、駅から徒歩圏内というアクセスの良さも大きな利点です。観光客や地元の人々にとって、交通の便が良いことは大曲花火大会を訪れる際の重要な要素の一つです。

 

イオンモール大曲の駐車場

秋田県大仙市和合坪立177にあるイオンモール大曲は、大曲花火大会を楽しむ際の便利なスポットです。この場所は花火会場からは少し離れていますが、花火を見ることができると評判です。特に、モールの駐車場やフードコート、レストランの窓からは、花火大会の景色を楽しむことが可能です。

また、イオンモール大曲では、おやつやお弁当を調達することができ、トイレに困ることもありません。特に子供連れの家族や、安心して長時間滞在したい方にとっては、便利で快適な観覧スポットと言えます。大曲花火大会の魅力を存分に楽しみつつ、ショッピングや食事のオプションも利用できるのが大きなメリットです。

 

仙北健康広場

〒014-0113 秋田県大仙市堀見内元田茂木の場所は、大曲花火大会の新たな穴場スポットとして注目されています。会場から直線距離で約4000メートル離れているため、打ち上げ場所からは少し距離がありますが、ここからでも花火を鑑賞することが可能です。この距離により、花火は小さく見える可能性がありますが、それでも十分楽しめる場所です。

また、このスポットの大きな利点の一つは、花火大会の後の大渋滞を避けやすいことです。早めに帰路につくことで、交通の混雑を回避することが可能になります。特に、遠方からの来場者や小さな子供連れの家族にとって、スムーズな帰宅は大きなメリットと言えるでしょう。

 

興栄建設周辺

秋田県大仙市大曲西根西道地野502-2の地点は、大曲花火大会の観覧において人気のあるスポットです。花火会場から約800メートルの距離に位置し、打ち上げ場所の後方にあたるこのエリアは、迫力のある美しい花火を観賞するのに理想的です。

特に、この場所はプロの写真家たちにも愛されている撮影スポットとして知られており、花火の美しさを捉えるのに最適な環境が整っています。また、会場から川を挟んで裏手に位置するため、花火を異なる視点から楽しむことができます。

昨年は、この地域で駐車場が有料で開放されていましたが、事前予約は行われていなかったため、早めに行くことが推奨されます。駐車場はほぼ満席になる可能性が高く、料金は3,500円です。このスポットは、花火大会の際に訪れる多くの人々にとって、素晴らしい観覧体験を提供すること間違いなしです。

 

仙北自動車学校付近の土手

大曲花火大会において、仙北自動車学校近くの土手(せんほくじどうしゃがっこうちかくのどて)は、魅力的な穴場スポットの一つです。花火打ち上げ会場から約2.3km離れているため、迫力は少ないものの、空高く上がる美しい花火を楽しむことができます。

このスポットは国道13号線大曲バイパスの近くに位置しており、特に帰りの渋滞を避けたい方や、会場の土手まで行くことが難しい方におすすめです。会場から徒歩で約30分の距離にあり、車でのアクセスも非常に便利です。花火大会の醍醐味を少し離れた場所からでも存分に楽しむことができる、便利で快適な観覧スポットです。

 

大曲中学校周辺

花火大会会場から1kmの距離にあるこのスポットは、迫力のある音が楽しめ、人出も比較的少ないため、花火の臨場感を存分に味わいたい方に最適です。仕掛け花火は少し見えづらい場合がありますが、打ち上げ花火ははっきりと楽しむことができます。

この場所の特徴は、人通りが少なく、花火の打ち上げ場所に近いことです。会場から徒歩約20分の距離にあり、周囲は農道で構成されているため、花火が非常に見やすくなっています。人混みを避けたい方や、静かな環境で花火を楽しみたい方にとって、このスポットは理想的な選択肢と言えるでしょう。打ち上げ花火の観賞に特に適しており、大曲花火大会をより身近に感じることができる穴場スポットです。

スポンサーリンク

 

丸子川にある河川敷

大曲花火大会の際、大曲駅と打ち上げ会場の中間に位置するこのエリアは、鑑賞に適したスポットです。駅からのアクセスが便利である一方で、建物や電柱が視界を遮る可能性がありますが、人混みが少なく、落ち着いて花火を楽しむことができます。

このスポットは会場から少し離れているため、人出は比較的緩やかです。また、大曲駅と花火大会の会場との間にある河川沿いでは、ナイトマーケットも開催されることがあり、花火鑑賞とともに地元の雰囲気を楽しむことができるのも魅力の一つです。ゆったりとした雰囲気の中で花火を見たい方には、特におすすめの場所です。

 

 エイブリック㈱ 秋田事業所の周辺

エイブリック㈱ 秋田事業所の周辺エリアは、大曲花火大会の観賞に適した場所の一つです。興栄建設と同じエリアに位置しており、会場の裏手にある高台にあるため、視界が開けていて花火を綺麗に見ることができます。

この場所の魅力は、高台にあるため周囲の建物や樹木に遮られることなく、花火をクリアに鑑賞できる点にあります。会場の背後に位置するため、メイン会場の混雑を避けつつ、落ち着いた環境で花火を楽しむことが可能です。特に、人ごみを避けたい方や、静かな場所で花火を楽しみたい方にとって、理想的な観覧スポットと言えるでしょう。

 

大曲除雪ステーションの周辺

大曲除雪ステーション周辺は、大曲花火大会を鑑賞するのに最適な隠れた名所です。このエリアは視界が開けており、花火をはっきりとクリアに見ることができます。穴場的な特性を持つため、メインの観覧地の混雑を避けながらも、花火大会の美しい光景を満喫することが可能です。

このスポットは、穏やかで快適な観賞体験を求める人々にとって理想的です。メイン会場の喧騒から離れ、よりリラックスした環境で花火を楽しむことができるでしょう。美しい花火をゆったりと楽しみたい方には特におすすめの場所です。

 

ザ・ビッグ大曲飯田店駐車場

ザ・ビッグ大曲飯田の駐車場は、大曲花火大会の鑑賞に最適な場所です。この駐車場は広い敷地を持ち、開放的な視界を提供するため、花火を存分に楽しむことができます。この特徴は、快適な花火鑑賞体験を求める人々にとって大きな利点となります。

加えて、ザ・ビッグ大曲飯田の店内では、花火鑑賞に必要な食品やアイテムを事前に購入することが可能です。この便利さは、準備に手間をかけたくない方にとって非常に魅力的です。花火鑑賞のための準備が手軽にできることは、楽しい花火体験をさらに充実させてくれるでしょう。

 

姫神公園

大平山登山道の起点となる公園は、大曲花火大会の鑑賞におすすめの穴場スポットです。この公園は高台に位置しており、大仙市街地を一望できる絶好の場所にあります。訪れる人々にとって、市街地の景色と共に花火を楽しむことができるのは、この場所ならではの特別な魅力です。

さらに、この公園には20台の無料駐車場があり、バリアフリー対応のトイレも設置されています。これにより、さまざまなニーズを持つ訪問者にとってもアクセスしやすく、快適に過ごせる環境が整っています。花火大会を見ながら、市街地の美しい景色を背景にする写真撮影も楽しめるでしょう。そのため、特に家族連れや年配の方々にもおすすめの観覧スポットです。

 

打ち上げ会場対岸の河川敷

大曲花火大橋を越えた対岸エリアは、大曲花火大会の際におすすめの穴場観覧地です。ここでは、花火を横から見ることになるため、パノラマ的な視野は得られませんが、直接的な臨場感と迫力を存分に感じることができます。

このスポットは、メイン会場の混雑を避け、少し異なる角度から花火大会を楽しむのに適しています。人混みを避けたい方や、より静かな環境で花火を鑑賞したい方にとっては、理想的な場所です。花火の美しさを身近に感じながら、大曲花火大会の魅力を新たな視点から楽しむことができるでしょう。

 

国道13号線(大曲バイパス)周辺

国道13号線大曲バイパス周辺は、大曲花火大会の際に人混みを避けて花火を鑑賞できる理想的なスポットです。この地域は、花火大会のメイン会場からは少し離れているため、近くで見るような迫力はありませんが、それでも十分に楽しむことができます。

このスポットの魅力は、人混みを避けつつも、落ち着いた雰囲気で花火を楽しむことができる点にあります。特に、大規模なイベントの混雑が苦手な方や、静かな環境で花火を鑑賞したい方にとって、国道13号線大曲バイパス周辺はおすすめの場所です。ゆったりとした時間を過ごしながら、大曲花火大会の美しい光景を堪能することができるでしょう。

 

福部内川遊水地

福部内川遊水地は、大曲花火大会の新しい観覧スポットとしておすすめです。このエリアは打ち上げ会場からは一定の距離がありますが、広々とした公共の広場があり、そのため人ごみをある程度避けながら花火を楽しむことが可能です。

このスポットの魅力は、JR大曲駅から約1キロメートル、徒歩約12分の距離にあり、アクセスが便利である点です。花火大会が終了する20分前に駅を目指すことで、帰路の混雑を避けることも可能です。広々とした空間でのんびりと花火を鑑賞したい方や、特に大きな混雑を避けたい方にとって、福部内川遊水地は理想的な観覧地です。

 

大曲花火大橋上流右岸河川敷(川目南)駐車場

大曲花火大橋上流右岸河川敷の無料駐車場は、大曲花火大会の観覧に最適なスポットです。この場所は野球場3個分の広さがあり、広々としたスペースでゆったりと花火を鑑賞することができます。その広さは、多くの観客が集まる花火大会の際に、快適な観覧環境を提供します。

また、この駐車場は打ち上げ場所に近く、迫力のある花火を間近で楽しむことが可能です。広い敷地と打ち上げ場所の近さが合わさり、このスポットは大曲花火大会を存分に楽しむための理想的な場所と言えるでしょう。駐車場が無料であることも、訪れる人々にとって大きなメリットです。

 

有料席の買い方

大曲花火大会は、かつて無料で見られたエリアが有料化され、上に上げたような無料で花火を楽しむためには、新たなスポットを見つける必要があります。

以前は抽選制だった有料席のチケット販売方法は、現在先着順に変わっています。

チケットはインターネット(ローソンやイープラス)や大曲商工会議所で直接購入可能です。購入時の詳細情報はウェブサイトで確認できます。

第96回全国花火競技大会 有料観覧席についてはまだ詳細が出ていません。

大曲花火大会2023のチケット情報を掲載しておきますので、お間違えないようにお願いします。

例年とさほど変わりはないと思われますが参考程度にご覧ください。

 

チケットの種類と価格(2023年の情報)

  • プラチナペア席: 2名用、50,000円
  • デラックステーブル席: 4名用、45,000円
  • テーブル席: 4名用、32,000円
  • 堤防席BOX席: 4名用、26,000円
  • レジャーシート席: 3名用、11,000円
  • ペア席(ベンチ): 2名用、12,000円
  • イス席: 1名用、7,000円
  • 観覧席の詳細: 大曲花火大会2023公式HP で確認可能

チケットの購入方法:(2023年の情報)

以下、2023年の情報です。

  • インターネット販売または大曲商工会議所での直接販売
  • 販売サイトはローソンチケット/イープラスのみ
  • 販売期間:
    • 1次販売:令和5年6月8日(木)10:00~6月19日(月)23:59
    • 2次販売:令和5年7月11日(火)10:00~7月31日(月)23:59
  • 購入方法:インターネット受付による先着順販売
  • ローソンチケット受付URL:こちら
  • イープラス受付URL:こちら

チケット購入に関する注意事項:

  • チケット購入に関する注意事項:
  • 観覧席券は小学生以上が必要
  • 小学生未満は保護者同伴に限り入場可(席が必要な場合は有料)
  • チケットはすべて税込価格

 

大曲花火2024 見どころ

大曲花火2024 スケジュール

大曲の花火-春の章-「新作花火コレクション2024 世界の花火 日本の花火」」は、令和6年4月27日(土)に開催されます。

開催地は「大曲の花火」公園 秋田県大仙市大曲雄物川河畔です。

この花火大会では、選抜された20名の若手花火師、1社の海外花火業者、そして地元の4社が出品します。花火のプログラムは、オープニング花火から始まり、競技花火、インターバル花火(地元業者による)、そして世界の花火と日本の花火のコラボレーション花火と続きます。

競技花火には、「芯入割物の部」で10号1発、「新作花火の部」で4号10発、5号5発が予定されています。

この大会では約8,000発の花火が打ち上げられる予定です。また、会場では出店も予定されています。

-春の章-「新作花火コレクション2024/世界の花火 日本の花火」
  • イベント名: 「大曲の花火-春の章-」、「新作花火コレクション2023 世界の花火 日本の花火」
  • 共催: 大曲商工会議所と大仙市
  • 開催日: 令和6年4月27日(土)
  • 時間: 19時00分~21時00分(開場は16時※予定)
  • 開催場所: 秋田県大仙市「大曲の花火」公園(雄物川河畔)

参加業者:

  • 若手花火師: 選抜20名
  • 海外花火業者: 1社
  • 地元花火業者: 4社

花火プログラム:

  1. オープニング花火
  2. 競技花火(20名の出品花火作家一覧含む)
    • 芯入割物の部: 10号1発
    • 新作花火の部: 4号10発、5号5発
  3. インターバル花火(地元業者による)
  4. 世界の花火と日本の花火のコラボレーション花火
    • ※花火内容は企画の都合により変更の可能性あり

その他情報:

  • 打ち上げ花火数: 約8,000発
  • 出店: あり(予定)
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました