記事内に広告を含む場合があります。

Fukuoka東区花火大会の穴場情報 おすすめスポットや見どころについて

イベント情報

Fukuoka東区花火大会、海上からの花火が特徴的な花火大会です

福岡市内で開催される数少ない大型花火大会の一つで、地元住民のみならず多くの観光客も集まります。来場者数は10万人を超えることもあるほどの人気ぶりです。

特に、「銀トラ花火」と「色トラ花火」と呼ばれる花火が有名で、これらは虎の尾を連想させるような太い火の柱が特徴的です。

通常、夏の終わりから秋にかけて開催されますが、年によって開催時期は異なる場合があります。2024年は5月の開催が予定されています。

地元民が主体となって企画し、地域コミュニティの絆を感じられる手作りのイベントです。その規模と美しさだけでなく、地元の雰囲気を存分に味わうことができる、多くの人々に愛される花火大会です。

この記事では、その穴場ポイントや見どころについてご紹介します。

スポンサーリンク

Fukuoka東区花火大会2024 の開催日

開催日:2024年5月11日土曜日

時間:20時より

場所:福岡県福岡市東区香椎浜北公園

 

Fukuoka東区花火大会の穴場 おすすめスポット

出典:Twitter

この花火大会は、海上の台船から打ち上げられるため、海岸沿いのどこからでも素晴らしい花火の景色を楽しむことができます。

特に、海岸沿いの各スポットはお勧めです。打ち上げ台船に近いこれらの場所からは、迫力満点の花火を体感することができます。

また、東区のアイランドシティ中央公園やイオン香椎浜の屋上も、大きな花火を見るのに最適な場所です。

ただし、場所取りに関しては、当日の昼12:00(正午)以降からとなっており、それより早く行っても場所取りはできませんのでご注意ください。

さらに、先着250名限定での「クルーズ」からの花火鑑賞もおすすめです。「マリエラ」のディナークルーズを利用すれば、特別な思い出を作ることができるでしょう。

スポンサーリンク

 

みなと100年公園

福岡県福岡市東区香椎浜ふ頭1丁目1に位置するこの場所は、少し離れているものの、花火を美しく見ることができ、公園が広いため、快適に観覧することが可能です。

この地点からは、博多湾、箱崎ふ頭、香椎パークポートをつなぐ香椎かもめ橋を一望できる臨海公園があります。

また、12ヘクタールの広大な敷地があり、お子様連れの方でも花火をゆったりと鑑賞できる点が魅力です。

さらに、公衆トイレの設備が整っており、駐車場も完備しています。

 

スポンサーリンク

イオンモール香椎浜の屋上駐車場

打ち上げ場所に近いため、迫力ある花火を楽しむことができるスポットです。

ただし、交通規制が敷かれることが予想され、会場周辺は混雑することが予測されるため、余裕を持って時間を取って出かけることが勧められています。

このスポットは、花火を大迫力で鑑賞できることから、地元で有名な観賞地として知られています。

そのため、場所取りは早めに行う必要があります。 

 

照葉スパリゾート

このスポットは、打ち上げ場所に非常に近い場所に位置しており、花火を大迫力で鑑賞することができるという大きな魅力があります。

また、帰りの混雑に巻き込まれることなく、花火大会を始めから終わりまでリラックスして楽しむことができます。

 

香椎浜北公園の有料座席

2023年に新設された有料座席で。

事前にチケットを購入する必要があります。

これらの座席は打ち上げ場所の真正面に位置しており、迫力満点の花火鑑賞をすることができます。

 

公式自由席

「香椎浜中央公園」と「アイランドシティ外周緑地」は、自由席として利用可能です。これらの公園では、場所取りは当日の12:00から開始され、多くの出店も設けられています。

 

アイランドシティ中央公園

福岡県福岡市東区香椎照葉4丁目1に位置するこの場所は、臨時バスの停留所として機能しており、車でのアクセスも可能です。ここからは花火を美しく見ることができます。

ただし、公衆トイレはありますが、駐車場の利用が不確実で、交通渋滞に巻き込まれるリスクもあるため、注意が必要です。

入園料は無料で、広い敷地が利用できます。お子様連れの家族には、花火が始まるまで公園の遊具で遊ばせたり、イルミネーションを楽しむこともできます。

スポンサーリンク

 

Fukuoka東区花火大会のみどころ

出典:Twitter

夏の終わりに、約10万人の観客が訪れるこの花火大会は、市民が協力し合って開催しています。彼らは、「来たときよりも美しく!」をスローガンに掲げ、花火大会の後の清掃にも力を入れています。

一方で、7,700発の花火が打ち上げられるのがこの大会の特徴です。

その中でも、水面に映る「銀トラ・色トラ」と称される花火は、特に見どころの一つです。これらの花火は船から打ち上げられ、虎の尾を思わせるような一斉放出の様子からその名前が付けられました。

まとめ Fukuoka東区花火大会の穴場情報 おすすめスポットや見どころについて

以上、Fukuoka東区花火大会の穴場情報 おすすめスポットや見どころについてまとめてみました。

スポンサーを持たない、地域住民手作りの花火大会というのが特徴的ですね。

アイランドシティ近辺は、福岡市にできた新しい場所で歴史も新しいため、地域のみなさんが一生懸命にふるさとと歴史つづくりに取り組んでいらっしゃるのでしょう。

応援したいですね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました