記事内に広告を含む場合があります。

秋の高山祭2024の日程と見どころ アクセスや駐車場についても

イベント情報

高山祭りは、20万人以上が集まる大規模なイベントで、効率的に楽しむためには事前の準備が欠かせません。

この祭りは、長い歴史を持ち、2016年には「高山祭の屋台行事」としてユネスコの無形文化遺産にも指定されています。そのため、年々参加者が増加しており、今後も多くの人々が訪れることが予想されます。

特に高山祭りは地域の自慢であり、その魅力を余すことなく伝えたいと思います。

2024年秋の開催日程、見どころの屋台、交通規制情報、そして会場情報について詳しく説明していきます。

記事のポイント
  • 秋の高山祭の日程
  • 秋の高山祭の見どころ
  • 秋の高山祭のアクセス方法
  • 秋の高山祭の駐車場情報

秋の高山祭の日程

出典:Twitter 毎日新聞

開催期間
・10月9日(9:00~21:00)
・10月10日(9:00~16:00)
※この祭りは毎年行われます。

会場
岐阜県高山市桜町178 櫻山八幡宮
秋の祭りで展示される屋台の数:合計11台

 

秋の高山祭り(八幡祭)の概要

高山屋台保存会HPへ

高山祭は秋の季節を彩る重要な伝統的な行事であり、毎年10月に櫻山八幡宮で開催されます。

このお祭りは、京都の祇園祭秩父の夜祭と並び、日本の三大美祭の一つに位置づけられています。およそ300年前の享保時代から地元の人々によって大切に守られ、現在に至るまで続いている歴史的な祭事です。

高山祭は、春に行われる「山王祭」と秋に行われる「八幡祭」の二つの祭りを合わせた名称です。

 

春の高山祭と秋の高山祭りの違いは

春の高山祭と秋の高山祭の主な違いについてまとめました

  1. 開催日: 春の高山祭は毎年4月14日と15日に行われます。一方、秋の高山祭は毎年10月9日と10日に開催されます。
  2. 開催場所: 春季は日枝神社が会場ですが、秋季は櫻山八幡宮で祭りが行われます。
  3. 屋台の数: 春の祭りでは12台の屋台が出ますが、秋には11台の屋台が参加します。
  4. 特別な屋台: 春の祭りでは三番叟台、石橋台、龍神台といった特別な屋台がからくり奉納されます。秋の祭りでは布袋台がその役割を果たします。
  5. 屋台の曳き廻し: 春の高山祭では屋台の曳き廻しは行われませんが、秋の高山祭では屋台を曳き廻す風習があります。

 

春に訪れる高山祭は、見逃せないイベントです。

「高山祭の屋台行事」として、2016年にユネスコの無形文化遺産リストにも追加されたこの祭りは、秋に行われるものと同様に、多くの観客を引きつけます。

特に春の高山祭(山王祭)では、どのような屋台が出るのか、どんな特徴があるのかを見るのが楽しみの一つです。春と秋の祭りの違いを知った上で祭りを楽しむのはいかがでしょうか?

また、交通規制やイベントの時間については、事前にこの記事でチェックしておくことをお勧めします!

スポンサーリンク

 

秋の高山祭の見どころ

秋の祭りで唯一のからくり 布袋台 出典:Twitter

秋の高山祭の見どころをご紹介します。

絢爛豪華な屋台

屋台の彫刻や絵幕が季節の情緒を引き立てる11台の華やかな屋台が、飛騨の匠の手によって造られています。

この祭り屋台は、2016年に「高山祭の屋台行事」としてユネスコの無形文化遺産に認定され、その11台は重要有形民俗文化財としても指定されています。

 

18時を過ぎると始まる宵祭りで、伝統的な「高い山」という曳き別れの歌を歌いながら屋台をそれぞれの蔵に戻します。夜間は100個もの提灯が屋台に灯され、日中とは一変して幻想的な景色を町中で楽しむことができます。

豪華な提灯 出典:Twitter

また、夜には獅子舞の力強い踊りや、笛と太鼓の音色も街を盛り上げます。

これらは日本の伝統と歴史を体感する素晴らしい機会になります。

 

からくり人形

布袋台 出典:Twitter

屋台に奉納される緻密な機械仕掛けのパフォーマンスは、とてもすばらしいです。

11台ある屋台の中で特に布袋台に目が引き寄せられます。

36本の手綱によって操られる布袋と人形たちは、糸が見えないほど自然に動き、その繊細で大胆な演技には必見の価値があります。

このからくりの美しさを直接体験してもらいたいですね!

 

からくりを見る際は、多くの人で混雑が予想されますので、安全を考慮して屋台から適切な距離で観ることが重要です。

また、細かい機械仕掛けの動きを遠くからでもクリアに捉えるためには、双眼鏡の使用が推奨されます。

 

秋の高山祭の屋台行事について

屋台曳き廻し 出典:Twitter

以下は、八幡祭のイベントスケジュールに関する情報です。この祭りは10月9日と10日に、櫻山八幡宮とその周辺で行われます。

  • 屋台曳き廻し: 10月9日、13時30分から16時まで、櫻山八幡宮の参道北で町内を巡回します。このイベントは八幡祭にのみ特有です。
  • 御神幸: 10月9日は13時から17時まで、続く10日は14時30分から16時まで、櫻山八幡宮から始まり、お役所を訪れるルートを通ります。
  • 屋台曳き揃え: 両日とも、櫻山八幡宮の表参道で9時から17時(9日)および9時から16時(10日)まで公開されます。雨天の場合、各屋台蔵や屋台会館で公開されます。
  • からくり奉納: 10月9日には12時から12時20分、14時から14時20分の2回、10月10日には11時から11時20分、13時から13時20分の2回、櫻山八幡宮の境内で公開されます。各回約20分間の披露が行われます。
  • 宵祭: 10月9日の18時から21時まで、約2時間の披露が行われます。

以下は八幡祭のイベントスケジュールを表にまとめたものです:

イベント日付時間場所備考
屋台曳き廻し10月9日13時30分~16時櫻山八幡宮の参道北八幡祭のみ
御神幸10月9日13時~17時櫻山八幡宮からお役所へのルート
10月10日14時30分~16時
屋台曳き揃え10月9日9時~17時櫻山八幡宮の表参道雨天時は屋台蔵・屋台会館で公開
10月10日9時~16時
からくり奉納10月9日12時~12時20分, 14時~14時20分櫻山八幡宮の境内各回約20分間の披露
10月10日11時~11時20分, 13時~13時20分
宵祭10月9日18時~21時約2時間の披露

10月9日には、特大の屋台が引き回されるイベントがあります。その壮大な屋台が動く姿を直接見たい方は、是非会場へ足を運んでください。

スポンサーリンク

さらに、祭りのハイライトの一つである屋台の整列も見どころです。装飾や刺繍、精緻な一刀彫のディテールを間近で観察する絶好の機会になるでしょう。

スポンサーリンク

 

高山祭りが雨天で中止になった時 屋台を見る方法

高山祭屋台会館 出典:Twitter

秋の季節に開催される高山祭りが悪天候で中止になることもあります。そのため、祭りの伝統的な装飾を守る措置が必要です。

それでも、屋台を楽しみたい方は、「まつりの森」または「高山祭屋台会館」への訪問を考慮してみてください。これらの場所では、雨が降っていても展示を楽しむことができ、特におすすめです。

 

秋の高山祭のアクセス方法

  • 電車: JR高山本線の高山駅から徒歩で約20分です。
  • 車: 交通規制区域外の駐車場に停めてから移動してください。

公共交通機関での移動がおすすめです

 

秋の高山祭の混雑状況

出典:Twitter

秋の高山祭の混雑具合は、時刻によって異なります。

最も人が多くなるのは、技巧を凝らした奉納と各種屋台の集結時です。特に櫻山八幡宮の表参道を進む御神幸行列の際は、人出が集中します。

この祭りで特別に行われる屋台の巡行は、大変な混雑が予想されるため、注意が必要です。

屋台を見る際の留意点

観覧スペースは立ち見が基本なので、小さなお子様連れは空いているエリアでご観覧ください。

屋台のルートが車道を含むため、車道への立ち入りは避けてください。

開けた側溝があるため、足元に十分注意して楽しんでください。

祭りの区画内では、ドローンの飛行が禁止されています。

また、路上でのゴミの放置や喫煙も禁止されています。

 

秋の高山祭の交通規制について

出典:高山市HP

10月9日と10日に、指定されたエリアで交通規制が実施されます。

該当する区域内では、スタッフや誘導員の指示に従うようお願いいたします。

スポンサーリンク

秋の高山祭の駐車場情報

秋の高山祭で、おすすめの駐車場をご紹介します。

市営高山駅西駐車場

住所は岐阜県高山市昭和町1-301

利用時間は終日となっています。

料金については、8時から20時までは30分ごとに150円、20時から続く8時までは1時間ごとに50円が必要です。収容数は普通車が130台、バスが10台です。

高山駅西側の市営駐車場について

この駐車場は祭り会場の向かい側に位置し、駐車料金が手頃です。

多くの車が収容可能で、利用者には特に人気があります。

 

市営天満駐車場

住所: 岐阜県高山市名田町2-3
利用時間: 終日
料金: 8時から20時は30分ごとに150円、20時から8時は1時間ごとに50円
収容数: 普通車92台、バス10台

市営天満駐車場の特徴

朝早くに車を置くと良いでしょう。休憩を取る際にも利用しやすい料金が設定されています。

空町駐車場

住所: 岐阜県高山市馬場町2-115
利用時間: 終日
料金: 8時から20時は30分ごとに150円、20時から8時は1時間ごとに50円
収容数: 普通車128台

駐車可能台数が広く、普段は利用可能なスペースが豊富な空町駐車場ですが、祭りが開催される二日間は周辺道路が封鎖されることがあり、このため交通渋滞に遭遇する可能性が高まります。この点に特に留意が必要です。

 

駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

駐車場の穴場スポットがあります。

akippa という、月極駐車場や個人宅の駐車場を格安で予約できる駐車場です。

事前に駐車場を確保できるので、目的地に着いてから駐車場を探す必要がないため安心して現地に行けます

①通常の駐車場よりも安い

②10日前から予約できる

③時間内であれば入出庫が自由

駐車場の不安から開放されるのがとてもいいですよ

スポンサーリンク

 

まとめ 秋の高山祭2024の日程と見どころ アクセスや駐車場についても

以下、この記事のまとめです。

秋の高山祭の日程

秋の高山祭は毎年10月9日から10日にかけて、岐阜県高山市の櫻山八幡宮で開催されます。9日は9時から21時まで、10日は9時から16時までです。

秋の高山祭の見どころ

秋の高山祭では、美しい彫刻と絵幕が施された11台の屋台が展示されます。夜間は屋台に100個の提灯が灯され、幻想的な景観を創出します。また、獅子舞や笛と太鼓の演奏も行われ、伝統的な雰囲気を楽しむことができます。

秋の高山祭のアクセス方法

公共交通を利用する場合、JR高山本線の高山駅から会場までは徒歩約20分です。

秋の高山祭の駐車場情報

秋の高山祭期間中は周辺で交通規制がありますが、市営高山駅西駐車場や市営天満駐車場が利用可能です。これらの駐車場は普通車やバスの収容が可能で、料金は8時から20時までは30分ごとに150円、夜間は1時間ごとに50円が設定されています。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました