記事内に広告を含む場合があります。

花巻まつりの駐車場や交通規制|日程・開催時間は?見どころも!

イベント情報

岩手県花巻市で開催され、毎年約20万人の人々が訪れる『花巻まつり』について、駐車場や交通規制、アクセスについてまとめました。

記事のポイント
  • 駐車場や交通規制について
  • 花巻まつりとは?
  • 日程・開催場所は?
  • 花巻まつりの見どころは?

花巻祭りの駐車場情報

出典:Twitter

花巻まつりでは、通常4カ所の臨時駐車場が設けられます。令和6年の具体的な情報がまだ未定で、確定次第更新予定です。

交通規制が実施されるため、注意が必要です。

駐車場の詳細

  1. 北東金属グラウンド
  • 住所: 岩手県花巻市材木町4
  • 会場までの距離: 徒歩約10分、約850m
  • 駐車台数: 300台
  1. サンフィッシュイトー
  • 住所: 岩手県花巻市西大通り1-12-43
  • 会場までの距離: 徒歩約12分、約1.0km
  • 駐車台数: 100台
  1. 北上川河川敷
  • 住所: 岩手県花巻市高木第16地割
  • 会場までの距離: 徒歩約17分、約1.4km
  • 駐車台数: 800台
スポンサーリンク

 

交通規制について

令和6年の花巻まつりに関する交通規制の情報はまだ公開されていませんが、過去のパターンに沿っていれば、以下のようになる可能性があります。

なお、参考までに添付されている画像は2018年のものです。新しい情報が入り次第、こちらで追記していきます。

アクセス

公共交通機関は以下の通り

電車の場合:JR花巻駅から徒歩約15分

車の場合:東北自動車道花巻南インターから約10分

混雑状況

花巻まつりは毎年20万人以上が訪れる大きなイベントで、SNSでの実際の来場者の情報を見る限り、混雑が避けられない状況のようです。

暑い時期に開催されるため、熱中症対策をしっかりと行うことが重要です。

訪れる際は、混雑が予想されることを考慮し、万全の準備をしておくことをお勧めします。

 

花巻まつりとは?

出典:Twitter

花巻まつりは、岩手県花巻市で開催される歴史ある祭りで、鳥谷ヶ崎神社の祭礼が起源です。

このお祭りは430年以上の歴史を持ち、毎年9月の第2金曜日から日曜日にかけて行われます。

美しい風流山車や世界記録を持つ114基の神輿、そして伝統的な鹿踊りや神楽権現舞、花巻ばやし踊りなど、多彩なイベントが展開されます。

2015年には神輿の数でギネス世界記録を達成し、国内外から多くの注目を集めています。

ギネス達成 出典:Twitter

毎年約20万人が訪れるこのお祭りは、地域文化の豊かさを示す重要なイベントです。

 

花巻まつりの歴史

出典:Twitter

花巻まつりの起源は、花巻開町の祖である北信愛(松斎)が戦勝を祈願して観音さまを祀った観音祭りに遡ります。

北 松斎が亡くなった1613年(慶長十八年)以降、彼の追悼の意味を込めて、その命日にお祭りを行うようになりました。

これが「松斎祭り」とも呼ばれるようになった理由です。

 

その後、地域住民によって山車が作られ、街を練り歩く伝統が始まりました。

このお祭りは430年以上にわたり続けられ、今も多くの人々によって語り継がれています。

スポンサーリンク

 

日程・開催場所は?

花巻まつりは毎年9月の第2週の金曜日から日曜日まで開催され、2024年の日程は9月13日(金)、14日(土)、15日(日)です。このお祭りは岩手県花巻市で行われ、地域の伝統と文化が色濃く反映されたイベントとなっています。※予定

開催場所 おまつりひろば

住所 岩手県花巻市上町4-1

タイムスケジュール

現時点で2024年の花巻まつりの具体的なスケジュールは公開されていませんが、2023年のスケジュールを参考にご紹介します。

詳細が決定次第、情報は更新される予定です。

スポンサーリンク

2023年のスケジュールは以下の通りです:

9月8日(金)

  • 15:00~16:10 山車・神輿自由運行
  • 16:10~16:20 花巻まつり実行委員会会長の挨拶
  • 16:20~17:40 神楽権現舞の演舞(雨天中止)
  • 17:40~18:30 神輿パレード
  • 18:30~20:00 山車パレード
  • 20:00~21:00 群舞かがり火鹿踊(雨天中止)

9月9日(土)

  • 14:50~15:00 防犯隊市中パレード
  • 15:00~16:10 子供神輿パレード
  • 16:10~17:40 鹿踊演舞
  • 17:40~18:50 山車パレード
  • 18:50~19:10 鳥谷崎神社御神輿渡御
  • 19:10~21:00 一般神輿パレード

9月10日(日)

  • 15:00~15:10 花巻まつり実行委員会会長の挨拶
  • 15:10~16:50 山車パレード
  • 15:40~16:40 花巻ばやし踊り(雨天決行・豪雨中止)
  • 16:40~18:00 神輿パレード
  • 18:00~19:30 山車パレード
  • 19:30~20:00 大手締め
  • 20:00~21:00 山車・神輿自由運行

これらのスケジュールは参考までに、次回の花巻まつりのプランニングに役立ててください。

スポンサーリンク

 

花巻まつりの見どころは?

花巻まつりの見どころについてまとめました。

100基以上の神輿パレード

花巻まつりの最大の見どころの一つは、間違いなく「神輿パレード」です。

2015年には114基の神輿が揃うことで、ギネス世界記録にも認定されました。

他のお祭りで10基の神輿が多いと感じられることを考えると、100基以上もの神輿が一堂に会するこの光景は本当に壮観です。

特に注目されるのは、「酒神輿」と呼ばれる、酒樽を乗せた神輿も登場することです。

 

今年の祭りではどのような神輿が登場するのか、また新たなギネス記録が更新されるのかどうか、その点も含めて非常に楽しみなイベントです。

この壮大な神輿パレードは、見る人々に強烈な印象を残すことでしょう。

 

郷土芸能である鹿踊

花巻まつりでは、「鹿踊(ししおどり)」も大きな見どころの一つです。

この伝統的な舞踊は岩手県の無形民俗文化財に指定されており、その独特の装飾が魅力です。

鹿踊は、日本の角を模した装飾と、黒い馬毛のような毛を持つ赤と青の模様が入った頭部が特徴です。

その鋭い目つきと、スマートなスタイルは、よく知られる獅子舞とは一線を画します。

鹿踊りの演者は太鼓を身につけ、その音を響かせながら踊ります。

この舞踊は地域の平安と悪霊退散を祈願する意味を持っており、何十人もの演者が列をなして踊る様子は、見る者に強い印象を与えることでしょう。

その迫力と美しさは、花巻まつり訪れた人々にとって忘れがたい体験になるはずです。

 

約500人が踊る『花巻ばやし』

その他の見どころとしては、「花巻ばやし」が挙げられます。美しい笛の音色や力強い太鼓の音に合わせて、約500人が一斉に踊り歩く様子は圧巻です。

風流山車と共に練り歩くこの光景は非常に壮大で、訪れた人々に強い感動を与えることでしょう。

「花巻ばやし」は、花巻まつりの華やかさと活気を象徴する一大イベントです。

スポンサーリンク

 

露店巡り

露店巡りも花巻まつりの醍醐味の一つですね。

SNSを見ると、多種多様なお店が出店している様子が伝わってきます。

お祭りの定番であるたこ焼き、かき氷、りんご飴、綿あめといった人気の食べ物から、花巻まつりならではのユニークなグルメも楽しめるので、ぜひ色々と探してみるのがおすすめです。

たくさんの来場者で賑わうため、露店エリアはかなり混雑します。

訪れる際は、人混みに注意して楽しんでくださいね。

お祭りの雰囲気を盛り上げる露店での食事は、イベントを一層楽しむための素晴らしい方法です。

 

まとめ

記事の内容についてまとめてみました。

駐車場や交通規制について

花巻まつりでは、北東金属グラウンド、サンフィッシュイトー、北上川河川敷の3箇所に臨時駐車場が設けられています。これらの場所は会場から徒歩で10分から17分の距離にあり、合計で1200台の車を収容できます。交通規制の詳細はまだ公開されていませんが、過去のパターンを参考にすると特定のルートの利用が制限される可能性があります。

花巻まつりとは?

花巻まつりは、岩手県花巻市で開催される430年以上の歴史を持つ祭りで、鳥谷ヶ崎神社の祭礼が起源です。この祭りは、美しい風流山車や神輿パレード、伝統的な鹿踊りなど、多彩なイベントが展開されます。特に、114基の神輿が揃うことでギネス世界記録に認定されたこともあります。

日程・開催場所は?

2024年の花巻まつりは9月の第2週、13日から15日まで開催されます。この祭りは岩手県花巻市のおまつりひろば(上町4-1)で行われ、毎年約20万人が訪れる大規模なイベントです。

花巻まつりの見どころは?

花巻まつりの主な見どころには、100基以上が参加する神輿パレード、伝統的な鹿踊り、そして約500人が参加する花巻ばやし踊りがあります。これらのイベントは、地元の文化と伝統を色濃く反映しており、訪れた人々に強い印象と感動を与えます。また、露店巡りも祭りの魅力の一つで、様々な食べ物や商品が楽しめます。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました