記事内に広告を含む場合があります。

敦賀まつり「気比さんまつり」の屋台情報 その規模がすごい 

敦賀祭りの屋台は、その規模の大きさと独特の食文化で知られています。

この祭りには100店以上の屋台が出店し、訪れる人々に多様な食べ物と楽しい体験を提供します。

特に注目すべきは、敦賀ういろうやまるまる焼きなどの地元限定の特別な食品で、これらは祭りの時期にしか味わえません。

さらに、三宝屋のベビーカステラなどの伝統的な逸品もあり、これらの屋台は敦賀の文化と地域の味を訪れる人々に伝えています。敦賀祭りを訪れた際は、これらの屋台から地元の味を堪能することができるでしょう。

この記事では以下のことを詳しく解説しています。

記事のポイント
  • 敦賀祭りには、通常のお祭りよりも多くの屋台が集まり、100店以上が出店するというその規模の大きさ。
  • 特定の地域限定食品が提供される点で、敦賀ういろうやまるまる焼きなどが祭り期間限定で味わえる。
  • 三宝屋のベビーカステラのような、地元で長く愛されている伝統的な食品も楽しめる。
  • 祭りでは子供向けのアクティビティも充実しており、金魚すくいや射的などの遊びを楽しむことができる。
スポンサーリンク


敦賀まつりの屋台

敦賀祭りには、県内外から多くの人が集まるほど、100店以上の屋台が出店します。普段見かけるお祭りの屋台が15~30店程度であることを考えると、その規模の大きさが際立ちます。神社や市内の商店街アーケードに屋台が軒を連ねているのです。

敦賀祭りでは、敦賀ういろうまるまる焼きなど、特定の食べ物が有名です。

これらは祭りの時期にしか味わえない、一大イベント限定の逸品です。

特に敦賀ういろうは、気比神宮近くの屋台で売り出され、大行列ができるほど。

ういろうと聞くと京都や名古屋が思い浮かびますが、敦賀でもこれが市民のソウルフードとなっています。

その他の定番の屋台料理には、カステラ、焼きそば、たこ焼き、リンゴ飴、はしまきがあります。

子どもたちは金魚すくいや宝石すくいで楽しんでいる姿も見られます。

神社の奥では、射的のお店が多数出店しており、平日でも子どもたちで賑わっている様子です。

 

三宝屋のベビーカステラは、地元で非常に人気があります。

このベビーカステラは、昭和29年に名付けられたもので、かつては炭を使って焼かれていたため、「ちんちん焼き」とも呼ばれていました。

三宝屋は、保存方法や温め方にもこだわりがあり、その風味を最大限に楽しむことができます。

 

食べ歩きでは、はしまきトルネードポテトがおすすめです。

はしまきはお好み焼きのような感じで、歩きながらでも食べやすいです。

また、トルネードポテトはポテトがくしにぐるぐる巻かれており、揚げたてはもちもちしています。

 

敦賀祭りは、氣比神宮を中心に展開され、屋台や伝統的な神輿渡御、山車巡行があり、訪れた人々にとって忘れがたい体験となります。地元の文化や伝統を祝うこの祭りは、地域の人々や観光客に愛され、交流の場としても機能しています。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

『敦賀祭り』気比さんまつりとは

毎年9月に福井県敦賀市で開催される「敦賀祭り」は、地元の「敦賀神社」を中心に行われる伝統あるお祭りです。

この祭りは、地域住民や遠方からの訪問者に愛されており、多くの人々が集まることで知られています。

この祭りは、地域の文化や伝統を祝いながら、住民と訪問者が互いに交流する貴重な機会を提供しています。

敦賀祭りの見どころには、神輿渡御山車巡行太鼓演奏などがあり、また、敦賀名物の「ういろう」も提供されます。

神輿渡御では、神社の神輿が市内を練り歩き、地元の信仰の中心地を巡ります。

山車巡行は、色鮮やかな山車が街中を行進し、伝統的な舞や演技を披露します。

敦賀祭りはいつからいつまで

このお祭りは9月2日から15日まで続き、「氣比の長祭り」とも呼ばれています。

開催場所は敦賀市の中心部、本町や神楽町、相生町、駅前通り、そして氣比神宮周辺。

これらの場所には100軒近くの屋台が立ち並びます。氣比神宮の奥まで屋台が並ぶ様子は、訪れる人々にとって大きな魅力の一つです。

 

氣比神宮とは

氣比神宮(けひじんぐう)は、福井県敦賀市に位置する北陸道総鎮守で、越前國一之宮として知られています。

地元の人々からは愛情を込めて「けいさん」とも呼ばれています。

この神社には、「長命水(ちょうめいすい)」と呼ばれるパワースポットが存在します。

長命水の起源は大宝2年(702年)にさかのぼります。

当時、氣比神宮は伊奢沙別命(いざさわけのみこと)一柱を主祭神として祀っていましたが、文武天皇の勅命により、仲哀天皇、神功皇后、日本武尊、応神天皇、玉妃命、武内宿禰命が合祀され、神宮の祭神は七柱となりました。

神宮の修営中に地下水が突如湧き出し、これが神の御神徳を宿す神水として信仰されるようになりました。

特に武内宿禰命は長寿で知られる神様であり、長命水は1300年以上もの間、健康や長寿を願う信者に親しまれています。

今日でも、多くの参拝者がこの水のパワーを求めて訪れています。

スポンサーリンク

  

まとめ

以上の記事をまとめてみました。

敦賀まつりの屋台
敦賀祭りでは、100店以上の屋台が出店し、敦賀ういろうやまるまる焼きなど地域特有の食べ物を提供しています。これらの食品は祭り期間限定で、特に敦賀ういろうは大人気です。また、カステラや焼きそば、たこ焼きなどの定番屋台食もあり、金魚すくいや射的などの遊びも楽しめます。三宝屋のベビーカステラは地元で愛されている伝統的な逸品です。

『敦賀祭り』気比さんまつりとは
毎年9月に福井県敦賀市で開催される敦賀祭りは、地元の敦賀神社を中心に行われ、地域文化や伝統を祝います。神輿渡御や山車巡行、太鼓演奏などの見どころがあり、敦賀名物のういろうも楽しめます。この祭りは9月2日から15日まで続き、「氣比の長祭り」とも呼ばれています。

氣比神宮とは
氣比神宮は福井県敦賀市にあり、越前國一之宮として北陸道総鎮守です。神社には「長命水」と呼ばれるパワースポットが存在し、1300年以上の歴史を持ちます。この水は健康や長寿を願う参拝者に親しまれています。祭神には仲哀天皇や武内宿禰命などが合祀されています。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました